オートショップ グローバル

車のガラスコーティング アークバリア21

ガラスコーティング「アークバリア21」

ガラスコーティング 「アークバリア21」 とは、

アークバリア21は、薄いガラスの膜でボディを包む画期的なコーティング。「無機系」ではなく有機系含まない「ガラス被膜」であるためコーティング剤が流れ落ちることは、理論上ありません。
それが高い保護効果を長時間保ちつつ、深みのある光沢を保つことができる理由なのです。
本物の力は美しい──妥協なき品質、感動する輝き。アークバリア21こそが、ガラスコーティングの代名詞なのです。

重量感のあるボディの輝き

光沢性

一目でわかる、それが「アークバリア21」の輝き。

仕上がった愛車をご覧になったカーオーナー様が共通して驚かれるのが、一目見たときの輝き。キズや劣化のあるボディでも、高級感のあるツヤが再現され、いっそう深みを増したことを実感していただいています。写真のような施工前のキズもご覧の通り。丁寧な下地処理の後に施される、透明なピュア・ガラスコーティングが愛車の輝きを取り戻すのです。

ガラスコーティング「アークバリア21」 光沢性
新車の輝きを長時間保ち、なおかつその質感にまでこだわる。
深いツヤは「アークバリア21」ならでは。
酸性雨・塩害・埃を跳ね返す

水弾き

水滴のあとや水垢汚れからボディを守る。

一般的に水玉(撥水)になる方がコーティング効果があると考えられがちですが、水玉はレンズのように光を集めてボディを痛めまてしまいます。また、水玉模様の水垢を残してしまうこともしばしば。抜群の撥水効果を誇るアークバリア21なら、写真のように水がサッと流れるため水滴が残りにくいのです。

ガラスコーティング「アークバリア21」 水弾き
ウォータースポットの原因となる水玉がボディ表面に留まることなく、サッと水が流れ落ちるのが特徴です。
他製品に比べ5~10倍の超耐久性

耐久性

コーティング剤の定義を遥かに上回る、圧倒的な持続性。

現在事情に出回っているコーティング剤の多くは耐久性がネック。仮に3年や5年といった保証をつけていても、特殊なメンテナンスを強要されたり、洗車機はダメという制約が多いのが現状です。
アークバリア21は施工の段階で丹念に下地処理を施し、ガラスの溶剤を手作業で塗りこんでいきます。
この段階で手間を惜しまないことが結果的に耐久性が高く、かつカーオーナー様に手入れの負担をかけない理想的なコーティングを実現しているのです。現在報告されているもので5年以上の持続期間を誇るものがあります。データを追跡中のためその持続力はまだまだ伸びていくでしょう。

手掛けワックス一切不要

表面硬度

キズに強く、劣化や汚れの原因を未然に防ぐ。
日頃のお手入れが劇的に軽減。

施工後2週間程度でガラス被膜が完全に硬化するアークバリア21
表面にキズがつきにくいということは、そこに溜まる汚れが少ないということ。くもりや塗装劣化をシッカリと予防しているのです。
ガラスコーティングはボディの塗装面にガラスの塗装をもう1枚施したようなものなので、砂利のついた布や研磨系のワックスなどでキズがつく恐れがあります。このことは美しいボディを長く保つために、是非知っておいていただきたいと考えています。

ガラスコーティング「アークバリア21」 表面硬度
アークバリア21 施工料金
車種
国産車 (新車)
外車 (新車)
軽自動車 (トラック含む)
¥50.000 (税込)
軽自動車 (ワンボックス)
¥60.000 (税込)
小型自動車
¥60.000 (税込)
¥70.000 (税込)
普通自動車 (ステーションワゴン)
¥70.000 (税込)
¥80.000 (税込)
大型自動車A (ワンボックス)
¥80.000 (税込)
¥90.000 (税込)
大型自動車B
¥90.000 (税込)  
¥100.000 (税込) 
※新車以外は程度により別途料金(下地処理)が必要になります。

アルミホイールコーティングも行っております。
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ
HOME